📖 新着 インターネット集客方法

  

インターネット総合集客ツール アメプレスPro2017
インターネット総合集客ツール!相乗効果でアクセスをアップする
◎発売日:2017/07/13

Amazon活用メソッド「EAP」。Amazon(アマゾン)の圧倒的な集客力を利用する集客術。
Amazonの集客力を広告費ゼロで利用する一石二鳥の電子書籍出版ノウハウAmazon集客術

WordPress集客資産オンライン設置講座
ストック型情報発信のWordPressを使ったコンテンツSEOによる集客講座



集客ツール「見込み客ゲッター」メリットとデメリット

見込み客ゲッター

本見込み客ゲッター メリット
・買い切りの集客ツールなので繰り返し使える
・この集客ツールだけで、広告費が不要になる
・バージョンアップが無料
・パソコン初心者でもクリック数回だけの操作で簡単に集取、投稿が出来る
・日本全国700万の店舗情報が手に入る
・店舗名、店舗URL、電話番号、住所、ジャンルといった詳細データが手に入る
・北海道から沖縄まで都道府県ごとにデータを収集出来る
・市区町村や駅などエリア別にデータを収集出来る
・和食屋、中華料理屋、居酒屋、カフェなどの飲食店ごとに店舗情報を収集出来る
・ドラッグストア、家電量販店、百貨店、コンビニ、アパレルショップ、ホテル、スポーツ施設、映画館、パチンコなどの
お店ごとに店舗情報を収集出来る
・集客ツールの収集設定さえしておけば、寝ていても自動的に情報収集出来る
・収集データは指定のフォルダに自動的にファイルで保存される
・多くの人が見逃している「お問合わせフォームビジネス」と言うブルーオーシャンを開拓できる
・メールより、圧倒的に反応率がいい
・先行者利益をえる事が出来る
・URLを直接入力しなくても、自動収集しておいたデータファイルを読み込んでクリックするだけで
次々と効率的にアクセス出来る
・アフィリエイト用やコンサルティング用など、投稿する内容のテンプレートが多数準備されているので、
一から考える必要はない
・投稿する内容を一度設定すれば、2回目以降は自動的に入力フォームにコピペ出来て、効率的に投稿出来る
・問い合わせフォームへの投稿内容は記録されているので、どこにアプローチしたのか投稿履歴を確認出来る
・問い合せフォームの無いURL情報もツールで記録しており、無駄なアクセスを減らす「学習機能」付き
・多くの人が使えば使うほど、アクセスする必要のないサイト情報が集まるので、
後になればなるほど投稿の効率が向上する
・挨拶文、投稿文、フッター文のテンプレートが合計46本登録(随時追加予定)
・店舗URLがなくても、自動的に検索エンジンで探してくる事が出来る
・勉強会に参加する事で具体的なアプローチを考える事が出来る
・勉強会の動画で反復して勉強出来る
・勉強会は集団コンサルのようなもの

本見込み客ゲッター デメリット
・メッセージの投稿は目視の確認が必要
・1つのアカウントでは、同時に別のパソコンで使用出来ない
・問い合せフォームに効率的に投稿出来る為、反社会的な内容を大量投稿するスパム的な使い方が出来てしまう
・さまざまな問い合わせフォームに投稿可能だが、100%ツールでの投稿は不可能(80〜85%の成功率)
・集客力を手に入れたと安心してしまう
・行動しなければ成果が出ない
(株式会社ビジトリーさんのメールより)

end販売終了しました

見込み客ゲッター 詳細
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック